注文住宅購入で大切な具体的ポイント① 計画的なシミュレーション

注文住宅購入で大切な具体的ポイント① 計画的なシミュレーション 住宅購入で大切な具体的なポイントは、収入とライフステージの計画的なシミュレーションです。
特に、注文住宅は高額になるケースも多いですがライフステージは年齢を重ねるごとに家族の形も変化してくるのが実情となります。
そうした時に、現在のお金の計画がそのまま10年後も20年後も続くとは限らないということを見据えるのが重要です。
例えば、出産や子供の自立などで必要な部屋数や間取りが変わってくることもありますし介護やその他いろいろな変化が訪れます。
注文住宅は、一般的に個性的な間取りにする人も多いのでライフスター時を見据えて建てておくのがポイントです。
ですが、子供が小さい時と自分たちの老後を同じ間取りや住宅で過ごす人ばかりではありません。
その時々の変化によってリフォームしたり手を加えたりすることができるよう、可変性のある住宅を建てておく必要もあります。
又、収入が変わっても対応できるような資金繰りにしておくとよいでしょう。

注文住宅購入で大切な具体的ポイント② 老後まで住める家づくり

注文住宅購入で大切な具体的ポイント② 老後まで長期的に住める家づくり 注文住宅を購入するなら、老後まで長期的に住める家を考えましょう。
家族のかたちは時間とともに移り変わっていくものです。
夫婦に子供が生まれ、成長し巣立っていき、いずれはまた夫婦2人で暮らす。
そんな変化があるかもしれません。
注文住宅は今暮らしやすい家ではなく、一番長い老後に住みやすい家を建てるべきです。
歳をとって足腰が弱った時でも、階段の登り降りが不要な1階だけで暮らせるような家づくりをすることが大切で、1階は広くフレキシブルな部屋がオススメです。
子供が小さい頃は大きなリビングで遊ばせ、少し大きくなったら引き戸で区切って子供部屋にしたり、成長し巣立った後は解放的なリビングにしてもいいでしょう。
また、夫婦の趣味の部屋や寝室として使ってもいいかもしれません。
注文住宅を建てるなら、部屋を小さく区切って名前をつけるのではなく、どんな風にでもかたちを変えることができるようにしておきましょう。
それが歳をとっても長期的に住める家づくりの秘訣です。